スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2011.10.16 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    高齢結婚で10年目で離婚

    0
       依頼者も再婚、相手方の男性も再婚。相手の男性は会社社長でしたが50歳を超えていましたので
      財産狙いだとして、親族と子供も最初から好意的ではありませんでした。
      離婚となると、相手の男性は同居していたマンションから以前の住居(子供らが住む)に戻ってしまいました。財産分与は結婚してから形成された財産ですので、それ以前の財産とその後の財産が交叉して分けるのが大変です。

      不倫の証明を

      0
         夫婦関係が悪くなったのは、夫の不倫でした。ネットで知り合った女性と関係をもったことです。
        このことを夫は否定しています。
        どのようにして証明するか考えています。
        かって、不倫相手を旅行に度々、会社のカードlでいっていたのでカード明細書と旅館への調査で
        判明したことがありました。


        弁護士が途中から関与

        0
           離婚調停が開始し、最初は本人が出頭しました。
          しかし、調停が思うように進みませんでしたので依頼を受けました。
          生活保証の婚姻費用に話が全くされていませんでした。
          生活費の保証がないと家をでても生活ができません。
          まず、生活費の話をすることにしました。

          弁護士が途中から関与

          0
             離婚調停が開始し、最初は本人が出頭しました。
            しかし、調停が思うように進みませんでしたので依頼を受けました。
            生活保証の婚姻費用に話が全くされていませんでした。
            生活費の保証がないと家をでても生活ができません。
            まず、生活費の話をすることにしました。

            無料法律相談

            0
               渡辺総合法律事務所(06−6365−0155)は無料法律相談しています。
              気軽にご利用ください。

              養育費

              0
                 養育費の請求をしている手続き中に、夫が失業しました.
                いつまで経っても再就職をしません。
                理論上は「就業能力がありながらあえて就業しないときは収入がある」とみとめられるのですが
                実際は難しいので、夫から1人2万円で2人分毎月4万円の支払うとの和解をしました。

                離婚は財産分与

                0
                   離婚では夫が妻に慰謝料を支払うという常識が社会にありますは、法律の世界は違います。
                  Aさんは、平成17年に夫が出て行って、翌年夫から200万円の慰謝料を支払うので離婚てほしいと言われました。今度は、Aさんは、離婚の調停申し立てをし200万円を請求しました。
                  夫は、慰謝料を拒否し、Aさんが名義を書き換えた保健の解約金の半分を請求してきました。
                  この争いは、夫の方に軍配があがります。

                  面接交渉を強制できるのか

                  0
                    家庭裁判所の審判で月1回の子供との面接が認められました。
                    依頼者は女性です。元夫に子供と会うために連絡をしても一切拒否しています。
                    なんとか強制できないものでしょうか。
                    裁判所の人が強制的に子と会わせることができないのです。
                    そこで、法律は、会わせないことに対し罰金を科すような方法をとることを認めています。
                    刑罰ではないのですが、強制的に金銭を支払わせることができるのです。
                    その方法をとることにしました。

                    DNAで夫の子を確しかめる

                    0
                      夫が浮気をしました。女性には1歳の男子がいます。夫もその子を自分の子であると認めています。離婚すればよいのですが、どうしても夫の子と認められないので、関西医大にDNA鑑定を申し込みました。基本料は20万円です。当日、病院にその女性は現れませんでした。       

                      不倫の慰謝料

                      0
                        結婚をしているのに職場で恋愛をすると家庭が崩壊する危機に直面します。
                        若い夫婦は離婚することがほとんどです。
                        子供がいるときは妻が我慢し離婚調停すらしない例もありました。
                        年齢を重ねるとすぐには離婚をすることができないことが多いです。
                        そこで、妻は不倫相手の女性に300万円の慰謝料を請求します。
                        判決が300万円とした例もありますが、不倫した夫の責任を考慮して200万円とする
                        判決が2回ありました。
                        今回の相談は男性が、妻が離婚をした男性に慰謝料請求をする話でした。
                         

                         借金は弁護士に相談を 自己破産の弁護士費用20万円


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << April 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM